12インチのChromebookについて思うこと

Play episode
episode-002-image

第2回目のテーマは、「12インチのChromebookについて思うこと」についてお話しています。

12インチのChromebookは、3:2のアスペクト比を採用したディスプレイを搭載しているため、HD解像度を採用している一般的な11.6インチのノートパソコンに比べ、縦の表示幅がわずかに広いという特長を持っています。

しかし、3:2のアスペクト比を持つノートパソコンやChromebookはいくつかありますが、Chromebookに関しては国内外でもかなり限られているため、主流になるかどうかは難しいところでした。

ところが、3月はじめにGIGAスクール構想に準ずるモデルとしてAcerが12インチの「Chromebook 512 C851T」を投入してきたことで、何となくこれから盛り上がるんじゃないかと思っています。

スペックも価格もバランスが取れていますし、国内で言うと「Spin 512」と「HP x360 12b」はスタイラスペンにも対応していますので、12インチというサイは、タブレットとしてもChromebookとしても使いやすい、面白い選択肢になると思います。

今後、低価格帯で12インチが主流になるかどうかはわかりませんが、他OSとの差別化を進める意味でも、12インチという選択はアリじゃないでしょうか。

皆さんは12インチのChromebookについて、どう思いますか?

Episode 2